【災害ボランティア】2016年、熊本地震に香川から駆けつけた

5月11日、熊本の被災地に向けて出発し、14日の夜に帰って来た。

まずは、報告。



やはり現地に近づくと、電柱が傾いてたり、橋の両側で段差が出来てたりと、地震の迫力を感じる。 まだまだ通行止めの箇所も多い。

この芝生の広場が宇城市ボランティアセンターとして、僕らの滞在する拠点となる。


















こういうのを見ると、将来葺き替える時に、どうしようかと思う。 いっその事、板金の屋根の方がいいのか? いや、地震にはよくても板金の屋根は暑かったり、雨音がうるさかったりという日常的なデメリットも多い。 たっぱり、瓦と土の断熱にはかなわない。

いやいや、屋根裏にしっかりと断熱材を入れて、FRPでコーティングするのが一番なのか!? とか、作業しながら考える。

どのみち、家が使い物にならなくなっても、命さえあれば、また自分で直す。 これが、僕の結論。 家ごときのために永いローンを組んでみたり、金がないからと困ったりしないためにやってるのが廃材生活。 初めっから、瓦礫のような廃材利用で家を作ってるのだ。 屋根がどうなれ、またその時に閃くアイデアでいくらでも対応出来る。


実は、作業をした宇城市は、被害の大きい益城町から車で1時間ぐらい離れてる。 2日目の作業の後、益城町にも行ってきた。







今回の地震は直下型で、被害が集中というイメージがあった。 しかし、実際に行って活動した感じとしては、丸亀から高松ぐらいの範囲よりも広く屋根の被害は出てた。 益城町の最前線は本当に凄かったが、後は概ね屋根の被害。

地震関係のニュースなどでは、 「余震の不安」 「今後の生活の不安」 「経済t不安」 「将来の不安」 と、不安を煽る傾向がある。

もちろん、不安を抱える人もいるだろう。

じゃあ、どうすればその不安を払拭できるのか?

次の地震がいつくるのか? 今壊れた家を建て直すのにはどうすればいいのか? ライフラインをどう確保するのか? 食べ物の備蓄は? もし何かあった時の保険は? これからどうやって生きてゆくのか?

不安の根源とは何か?

ズバリ! グルグルと同じ呪文を唱えながら、何も行動しない事。

「どうしよう、どうしよう。」 と、言いながら、ネット眺めてたって、救世主は現れない。

で。

不安をなくすには!

一つ、一つ、思いついた事をするしかない。

例えば、自給自足とまで行かなくとも、焚き物の確保や井戸を掘るとか。 お米と調味料ぐらい、備蓄しておくとか。

実際に家が壊れようとも、 一枚づつ瓦を拾い集めて、軽トラ借りて来て棄てに行くとか。 ボツボツ家を解体するなんて、バールが一本あれば、寝たきりでもない限り不可能ではないぞ。

そういう、一つ一つの行動なしに、頭で考えるだけというのが一番厄介。

目の前に差し迫った事に、自分の労力を向けろ!

取り組まないから出来ないし、コツコツやってりゃ廃材天国のように出来るんだ!!

3、11の直後のブログでも書いたが、いい加減気付けよ! 天災や不慮の事故や何かで、イチイチ慌てふためいてて、生きてゆけんぞ。

安心を求めるからこそ、執念深く自力で何とかしようとするのだ。 何が起ころうとも、命のある限りはネチネチと生きるんだ!!!

軽妙なフットワークでね♪

#災害