古電柱

朝夕がめっきり涼しくなり、昼間の作業も随分楽になってきた。


廃材天国ゲストハウス計画の経緯

電柱置き場作り

独立基礎の電柱完成

コンテナを乗せる準備

レッカーで電柱にコンテナ乗せた

電柱の筋交い

ターンバックルの筋交い

筋交いの塗装

コンテナハウスに上がるための階段のアイデア

石の柱完成



通信のための電柱を立て替えたり、鉄塔を建てたりする会社で、 ここからの話で、今の大量の古電柱をもらってきた。






石の柱の真ん中に鉄筋を通す事を思い付いた時には、鉄筋に古電柱を差し込むだけでいいやと思ってた。 でもこんな溶接作業はすぐ出来るんで、ボルトナットで固定した方がいい。
















今回のような作業は、墨付け、ボルトの位置出し、電柱の加工、とある程度の精度が求められる。 しかしある程度測ったら後の、チェーンソーで削ったりはテキトーでいい。 少々隙間が開いたって、ボルトで締め付ければ問題ない。

今回のゲストハウス計画だって、設計図や細かな図面などはない。 その場その場で、臨機応変に考えながら進む。

これは一軒目の廃材ハウス、現在の廃材天国から、今後の建築物全てに共通する。

その場その場で、あるもんで必要な工程を考える。 で、考えながら進んでゆく。

自分が買えない資材を借金してでも調達しないといけない、のような考えはスマートじゃない。 当然プロの業者に頼む事もない。

ゆっくり、ボチボチ、コツコツ、、、。 それでも尚、諦めず、投げ出さず、執念深くやり続ける。

セルフビルドに完成はない。 ある程度出来ても、 「もっとこうした方が使いやすい!」 と閃くと、どんどん改良して作り続けられるのだ。

さあ、階段はどんなデザインにしようかな~?

廃材天国 http://haizaitengoku.com/

廃材天国メルマガ登録URL http://haizaitengoku.com/qnews/user_regist.php?s=haizaitengoku

メールアドレス変更URL http://haizaitengoku.com/qnews/user_edit.php?s=haizaitengoku

解除URL http://haizaitengoku.com/qnews/user_cancel.php?s=haizaitengoku

#古電柱