薪の陶芸の窯焚きにも廃材が活躍

一週間に及ぶ窯炊きも、無事終了した。

ガスバーナーでの焙り二日間、薪六日間。

「薪でそんなに焚くのなら、寝られませんねー!」 と、驚かれる事があるが、一晩ぐらいなら徹夜でいけるが、こんなには無理。 キチンと3交代で、一人8時間づつ焚く。

僕のパートは深夜0時~朝の8時まで。 寝るのは、夕方の5時~23時半ぐらい。 朝の交代の後夕方までは、廃材天国での作業をしたいので。

前回の記事、コロコロ丸太の壁作りも、この窯焚き中に仕上げた。




















僕はこの一週間、夕方の3時には呑み始めて明るいうちに寝る習慣だった。 暗くなる頃にはとっくに眠くて、子ども達が活躍してくれた。

実際、親父もイスに座ったままウトウトしてるし僕も超眠くて、指示を出すだけ。 この子らが居てくれてほんと助かった。

うちの家族だけじゃなく、窯焚きはなぜか魅力的。 毎晩アテと一升瓶を持って、人が訪れる。

火を焚く。 その火を囲みながら、大勢でご飯を食べたり酒を呑む。

この古代からの身にしみこんだ、アットホームな感覚。

いくらITや人工知能が進もうが、この感覚からは逃れられないのだ!!!

廃材天国HP http://haizaitengoku.com/

廃材天国メルマガ登録URL http://haizaitengoku.com/qnews/user_regist.php?s=haizaitengoku

メールアドレス変更URL http://haizaitengoku.com/qnews/user_edit.php?s=haizaitengoku

解除URL http://haizaitengoku.com/qnews/user_cancel.php?s=haizaitengoku

#窯焚き