top of page

薪で煎った玄米珈琲を販売中

飛ぶように売れてる訳ではないが、たまに玄米を煎って、黒煎り玄米珈琲を作る。

文字通り玄米を薪の火で、ゆっくりと煎る事で黒煎りにするのだが、普通の玄米からスタートすると、3~4時間は裕にかかる。 今はまだ、冬の薪ストーブのサブの部屋でじっくりと予備煎りしておいたものがストックされてる。


予備煎りとは言え、ここまで黒くなってる。 ここからのスタートなので1時間弱で真っ黒に出来る。

普通の玄米からスタートすると、イキナリ強火には出来ない。 よほど弱火でじっくり煎らないと、弾けてポップコーン化してしまう。


この予備煎り済みのだと、最初から強火で煎る事が出来る。 すると、すぐに煙が出始める。


強火だと、片時も混ぜるのを止める事は出来ない。 水を飲む時などは土歩に代わって混ぜてもらう。


最終的にはこのぐらいモウモウと煙を出しながら煎り詰める。 最後は火から外しても、ある程度冷めるまで混ぜ続けないと、塊になって炭になってしまった事もあった。


完成。

玄米を薪の火でここまで真っ黒にしてある事で、体を暖める陽性飲料。 さすがにこの暑さだと、陰性の強い本当のコーヒーなり夏野菜やスイカなどで体を冷やす事も重要。 しかし、妊婦や冷え性からくる病気などで、そういったものが取れない人も確実にいる。 そういう人にはおススメ。 さすがに夏は煮出した後は冷たくして、アイスで飲むのがいい。

先日更新した廃材天国の販売ページで買えるよ。 220ccで500円也。 http://haizaitengoku.com/index.php?%E8%B2%A9%E5%A3%B2%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%BE%E3%81%99

香川県内の方は、自然食品店で買うと送料なしでお得! もちろん廃材天国に直接買いに来てくれる人も少なくないし、大歓迎。

善通寺の「オーガニックセンターポパイくん」 https://plus.google.com/112692455896104595760/about?gl=jp&hl=ja

高松の「ちろりん村」 https://www.niji.or.jp/chirorin/

bottom of page