top of page

自作薪ストーブを拡張するカスタム④(扉を付けて完成)

遂に、薪ストーブのカスタムが完成した。


この扉に2日間は費やした。 上と下は右に、真ん中は左にスライドしてエアの供給口となる。

スライド式のエアの口のために、スキマを狭く設定した。 真っすぐでは面白味がないので、ランダムな斜めのデザインにした。 こういうのは溶接しながら即興でやる。


蝶番、掛け金を溶接して、扉完成。


このフロントグリルのせいで益々存在感が増した。


扉の厚みも加わり、ほんとにデカイ! 今までだって十分大きい薪ストーブだったし、毎日3食の薪料理も快適だった。 今回のカスタムで、更に上の面積も増えて快適度に磨きがかかる。


これはアンチファーストフードとして、ハンバーガーの自作。 手作り、無添加の自給生活では、市販のハンバーガー、ラーメン、たこ焼きなどのB級グルメ的なものは子どもたちには無縁。 そもそも、自ら「B級」と卑下するようなゴミフードを食べさせたくはない。 ならA級の素材と調味料で、自作するしかない。


要はソース、ケチャップ、マヨネーズなどをぐちゃっと混ぜるとファーストフードの味になる。 それらを手作りして冷蔵庫に常備しておけばすぐに間に合う。 マスタードはポメリーの粒マスタードと、S&Bのフレンチマスタードを使い分ける。


バンズは香川県産の粉で自家製酵母で発酵させたもの。 パテは今回はサツマイモのコロッケ。 ソース、マヨネーズ、トマトソース、マスタードを適度に混ぜると子どもたちも大満足。


こちらは庭の鶏のエッグバーガー。

エネルギーと食べるものの自給とは満足の自給に他ならないのだ!!!

Commentaires


bottom of page