海水を汲んできて自家製塩作り②海水を煮詰めるために即席の窯を作る

海水を汲んできての塩作り、二日目。

初日の様子

二日目の早朝、まだ暗いうちに布団の中で、パラパラと雨の音が!

雨!!

塩作りに雨は大敵! 折角一日かけて煮詰めて濃くした海水が、雨で薄まってしまうー!!

前日の夜中まで外に移動式カマドを据えて、海水を炊いてた。 もちろん、そこへ置いたまま寝てた。 天気予報も朝から雨ではかったし、、、。


ここなら海水に雨が入らないのと、すぐ隣に薪ストーブ用の薪もある。 雨が一日降ってたが、ここで炊けた。


しかし二日目に入り、この移動式カマドの管理は結構めんどくさいと思い始めた。 2つの焚き口の世話は忙しい上に、薄い鉄板製の窯は熱効率が悪い。

海水が蒸発した分だけ、新たな海水を足しつつ炊いてるが、中々、、、。 ↓ やっぱ、ちゃんとした窯があったらなー。 ↓ 即席で鍋を乗せる窯を作るか! ↓ 確か、古い耐火煉瓦があったな。

窯を耐火煉瓦で作り、縦長にして奥に釜を並べれば、焚き口も一つになり、薪をくべる手間が減る。 手間が減るだけじゃなく、燃費もよくなる。

いつもは、「大量にある廃材を減らした方がいいのだ!」と豪語する廃材天国の主人である僕。 その僕も実際に、海水を炊いて塩を作ろうとしてみて早速実感した。

塩を作るには焚き物の消費量がハンパじゃない!

「海水を炊く前に、いかに濃縮するかが塩屋の使命だ!」 と仰るのは、天草塩の会の代表、松本さん。

天草の松本さんの塩屋に行ってきた様子

今年松本さんの塩釜を作りに行ってきた様子

松本さんも廃材を山積みして塩を炊いてるが、広大な流下式の塩田で海水を濃縮してから炊く。 炊く前にいくら濃く出来るかが、炊く労力や焚き物の節約につながる。




何故か? 炎も熱も上にいく性質がある。 陶芸の窯は斜面に作るのが基本。










さあ、窯は出来た!! 即席だが、これで十分。 先日の仁尾町の「カフェ・ド・フロ」の粘土で作る窯作りと、打って変わって速く出来る。 これが耐火煉瓦で作るメリット。

これで、海水を入れる鍋釜が3台体制になる! しかも、最後に登場した釜が最大なので、何とも心強い。

初日が終わり、布団の中で色々考え、閃いた耐火煉瓦で作る塩窯構想。 文字通りあっという間に形になった。

これで、次の朝には3つの鍋釜を並べて火を入れられる所が見えた!

イキナリ海水汲んできて、炊いてみてやってみる。 ↓ どうも、これでは300ℓの3%の海水を 塩が結晶化する27%まで濃縮するには時間がかかり過ぎるぞ。 ↓ 耐火煉瓦を使って即席で窯を作ろう! ↓ やりながら現場で、直感と即興でこんな感じかな?と考える。 ↓ 何とか形になる。

これが、ごくスムーズな順番。 この閃きから完成までは夢中で、時間の経過は覚えてないぐらい。

このスムーズで明快な流れに、横槍をイロイロ入れ出すと、遅々として進まない。

思いついたアイデアを人に相談したり、 法律に照らし合わせたり、 こんなんでいいのか?と思い悩んだり、 上手くいかなかったらどうしようと、心配してみたり、 失敗したら何て言うわれるかと、ビビッてみたり、、、。

これらの横槍は全てブレーキだ。 これらの原因の大半は、 「やりたいからやる。」という「純粋な自分の衝動」 以外のイラン事。

自分の思いつきは、まず自分で形にせよ!

一度形になるまでやってみて、それを発展させるために人に相談するのはいい。 もしくは、販売する時に法的な所をクリアするには?と調べるのも建設的。

まず、最初のパッションからの行動ぐらい楽しい事はないのだ!!

「やりたい!」と思う事はアレコレ考えずにやってみろ!!!

廃材天国HP http://haizaitengoku.com/

廃材天国メルマガ登録URL http://haizaitengoku.com/qnews/user_regist.php?s=haizaitengoku

メールアドレス変更URL http://haizaitengoku.com/qnews/user_edit.php?s=haizaitengoku

解除URL http://haizaitengoku.com/qnews/user_cancel.php?s=haizaitengoku

#自家製塩