洗濯機のエラーを修理

洗濯機が調子が悪くなった。

数日前から、何度か、 ピーーーー! という警告音と共に、エラー表示が出る。

洗濯機や冷蔵庫は、解体現場か、スクラップ屋でタダでもらってくるのが常。 洗濯機に関しては、今のが壊れた時用の予備もストックしてある。

こういう、世にあり余る家電製品を新品で買うというのは決して考えない。 中古でも、金を出して買うという選択肢もない。

棄てる時にも、丸ノコやグラインダーでバラすと、 家電リサイクル法の4000円とか5000円とかを払う必要がなくなる。

とはいえ、簡単に直るんだったら直した方がいい。




五右衛門風呂なので、 前の日のお湯を排水したり、風呂を洗ったり、水を溜めたり、としょっちゅう出入りするのに便利。





後で、 「そう言えば!」 と思って、この洗濯機の型番をとエラー番号をネットで調べると、 断水など、水の供給に問題がある時のものだと。

こういう調べ方をすれば、素人でもちょっとした問題は解決出来る。

今回の井戸からのゴミの詰まりなどは、徐々に進行するもの。 急な変化じゃないので、日常洗濯してても気付かない。

エラーで動かなくなって始めて気付いた。

次に同じエラーになった時には、すぐに解決出来る。 まあ、洗濯機自体が変わってるかもしれんけど。

一軒目の廃材ハウスの生活の時にも、 洗濯機が壊れるという事があった。

当時は今程の廃材ネットワークを構築出来てなかったので、 すぐさま代替の洗濯機を見つける事が出来なかった。

あっこちゃんは果敢にも、 足踏み洗濯で、次の洗濯機が来るまで凌いでた。 しかも、野遊や土歩が小さくて、彼らの水遊びを兼ねて!

こういう素晴らしくマニアな嫁で、廃材生活は軌道に乗った。

今では僕も、洗濯機や冷蔵庫ぐらいなら、 その日のうちに代替品を探してこれるまでに成長した。

これは、 どこに行けばあるか? を嗅ぎ付ける、廃材嗅覚もある。

道を走ってて、山盛りにスクラップを集めてる所など、 たまに止まっては、挨拶がてら世間話をするとか。

そうして、関係性を作る。 何か必要な時に、相談できるように。

そういう日頃の積み重ねが大事だぞ!

急にタダで手に入れようという、虫のいい話はナッシング!!!

#家電修理