top of page

松前漬けをアレンジして作ったら最高の出来だった

松前漬けを作ろうと、思い立った。


松前漬けを作ろうと思い、刻み昆布とするめを仕入れた。 するめは「松白」という質のいいものが望ましい。

最初から刻み昆布とするめを刻んだ「松前漬けセット」というものもあるが、必ず「漬けタレ」が付いてて、無駄。 市販のタレは押しなべて甘過ぎるので、自分好みに味付けした方が絶対にいい。


するめをハサミで刻んで刻み昆布と混ぜる。


昆布とするめだけで作るのが普通だが、いつも何かあるものを入れてアレンジする。 自家製の切り干し大根と人参をプラスする。 切り干しの歯ごたえがいい。


醤油、味醂、酢を1:1:1で混ぜる。 ちょっと多すぎた、、、。

調味料は本醸造で無添加のものじゃないと美味しくならない。 最近では自然食品店まで行かなくとも、大型のスーパーなら質のいいものを置くようになってきた。


調味液が多すぎたので、椎茸も投入。 原木椎茸を生でそのまま使う。 これがなじむとまた美味しくなる。


いい感じになった。 超ご飯のススム、激旨品!!


瓶に入れて冷蔵保存でしばらく持つ。 こういうご飯のお供があれば、朝ごはんは玄米を炊いて味噌汁があれば完成する。

こういう常備菜は種類が多い程いい。 夏はシソ、ナス、キュウリの漬物が多いが、同じものばかりでは飽きる。 そういう時にこういう別のものを加えて変化をつける。

飽きてるのに、「またかー、、、。」と呟きながら日々の生活を営んでは断じてならないぞ!

変化を求めよ!

さすれば感動を味わえる。

Comentários


bottom of page