材料厳選、こだわりの手作り味噌の作り方

年に一度の味噌作り。


豆は宇多津の「くぼさんのとうふ」で使われてる契約栽培の豆を分けて頂く。 塩は天草塩の会の「小さな海」。 味噌作りに必要なのはこの3つ。 シンプルな材料だけに、最高の品を使う。 間違っても、外国の豆や1㌔300円ぐらいの安い塩ではいけない。 そもそも5㌔で500円というJTの精製塩は、決して口にするものに使ってはならない。

売り物の味噌や納豆の「国産大豆100%」というのは51%国産なら、そう表示していいという決まり。 「遺伝子組換えではない」というのだって、輸入元で分別してたりしなのが常識。 偽装問題も高級品だったり、あまりにも酷いものが氷山の一角として報道に取り上げられるだけ。 だって、9割以上が輸入大豆なのに、どのスーパーにも「国産大豆100%」の品があるほうがオカシイ。 考えたら分かるのを考えないようにしてるだけ。

よく聞くいい訳が、 「そんなに気にしてたら買うもんないやん。」 「そんなにヤバイのなら国が規制する筈やろ。」 「みんな買ってるんやから。」 そういう事言う者に限って、病気になった時に「降ってわいた災難!」と騒ぎ立てる。

買うものはちゃんとある。 原発事故で分かった通り、国は大手に不都合な規制などしないし、責任など取らない。 みんなが買ってるから問題なのだ。

買うより作る! 材料を厳選する! それが何が起ころうとも、「誰が責任取ってくれるんや!」と騒ぐことなく自分で責任を持つスタイルだ。

一年分の味噌を作るまでしなくとも、せめて「大豆、米(麹)、塩」以外の添加物の入らないものを求めよ。 ついでに毎朝味噌汁を作って飲むのだ。

えー。 前置きが長いけど、味噌作り当日の様子。











一つだけ課題として残ってるのが、仕込む容器。 あまりにも大量に仕込むので、プラスチック製を使ってる。 ここは元陶芸家として、自分家専用の味噌甕を作らなければならない。 最近陶芸の作業してるので、丁度いい。 味噌用、漬物用、嗜好品の発酵用と、色々作ってみよう♪

#味噌作り