新鮮な石垣鯛をもらったので、刺し身にしてみた

知り合いの割烹屋の主人から電話。

「石垣鯛を大量もろたんやけど要る?」と。

当然、即答で、 「要ります、要ります、要ります!!」 と、答えて、店に天ぷらカーを走らせた。












やはり、一本釣りで釣り立てというのは凄い! 翌日は鍋料理にしたが、それでもまだ魚体は固かった。 網で獲った魚はこれほどの鮮度を維持できない。

そもそも、こういう状態のものは魚屋には流通できない。 割烹屋の主人とは長年の付き合いで、こうして声がかかるのがありがたい。

声が掛かるというのはどういう事か?

大抵のパターンは、 「めっちゃくれたけど、どうしよ~。」 「おっ、あいつに言えば、すぐに大喜びで取りにくるぞ。」 と僕の顔が浮かぶ。 で、電話が来る。

すると、何をさておいても、すぐさま駆けつける。

美味しく頂いた後で、「とんでもない美味しさでしたー!!」とお礼の電話をする。

やっぱり、喜んでもらってくれる人には声が掛かりやすいのだ!!!

#魚