手作りのお節料理

やっと、お節料理も食べ終わりつつある。

昨日(1/4)は昆布巻きや煮〆を豆乳でクリームシチューにしたり。 例年、最後はそういうリメイク料理にしてしまう。

リメイク料理は深い。 南蛮漬けの漬け液を、カレーや中華料理の餡に応用したり。

シンプルな煮物を洋風の料理に放り込んだりはしょっちゅう。 醤油や味噌味の残り物をトマトソースやカレーにするのは相性がいい。

餅も醤油と海苔ばかりでなく、モチピザにしたり。 サイコロ状に切って、フライパンに並べて、普通のピザの如く、トマトソースとトッピングとチーズを置く。 フタをして、しばらく蒸し焼きにすると、餅が一体化してカリカリに焼けて、チーズも溶ける。

手作り生活は「自分を飽きさせない」事が秘訣。 大量に作りすぎて、子どもたちが飽きて食べなくなるというのではダメダメ。 和洋中、エスニック、蒸しものや揚げ物、餡かけ、ジュレなどを駆使して、バリエーションに変化をつけるのだ。

で、お節料理のレポート。 毎年大晦日に家族で作る。
















食べるものを自分好みにこだわって手作りするには、こういう器って大事。 自作の焼き締めの器ばかりだと重くなるので、これらの磁器や漆は非常にいい。 後、ガラスの器もいい。

料理の見た目の美しさは、店じゃなくとも大事な要素。 普段の料理でも、ちょっと凝ると子どもたちの反応が違う。

で、子どもたちも自分自身で色々と工夫するようになる。 「居酒屋ごっこ」とかね。

上の子どもたちはかなり出来るようになってるが、にこちゃんがメキメキと腕を上げてきてる。 料理って、子どもの成長のバロメーターとして分かりやすい。

これからが益々楽しみ~♪

#お節料理