廃材セルフビルドの家の外断熱工法

最近は廃材の家に引きこもって、子どもたちとある作業に没頭してる。


この二階部分は陶芸の工房と展示場。



内装は一昨年に完成して機能しているものの、外装はこの通り畳のまんま。


お盆明けから、民家のリフォームの現場がスタートする。 それまでに、やろうと思い立った。


切断機でコロコロにカットして、これを積み木にしたらどうか? と、子どもたちに聞いてみた。

野「ええなー!」 土「やろう、やろう!」 に「にこもやるー。」

と全員一致で、やる方向に決定!













こういう初期の段階が大事。 最初は、遅々として進まない。 段取りも分かってないし、考えながらの作業なので。

「一日やってこれだけかー。」 と、思わなくもない。

しかし、ここで途方に暮れて、 「こんなの一人じゃあ無理やわー。」 と、諦めてしまっては、ダメダメ。

廃材利用で、素人が家まで建てようと思えば、 ある程度は「サクサク進む感」が重要になってくる。




子どもたちがやってると、散歩中の近所の人が、 「焚き物積み込んでるのかと思った。」と。

確かにーーー。 実際に、こんな風に丸太を切って、毎日キッチンのステンレスカマドで料理してるし。 廃材の燃料と、家の材料は同一。 人間様の住むオウチだろうが、廃材で十分。

そもそも、廃材をテキトーに切る。 土を練る。 積み込んでゆく。

非常に単純な作業だけど、 自然素材をラフに扱うという気楽さが最高。

キッチリと計ったり、スキマをなくすというような、 精度を求められる作業とは間逆。

子どもが砂場で山作ったり、積み木で遊ぶのと同じレベルなんちゃうかな?

細かい事を考えない 直感と即興 テキトー

これが廃材で家を作り、堂々と自由に暮らす素。 自画杜撰なのだ!!!

#外壁