top of page

家庭で栽培するブドウの摘花と袋掛けの方法

岡山に出張してきた。


これはあっこちゃんの実家のぶどう。 今はは摘果が必要な時期。

ちょうど廃zぁ居天国内のブドウも植えて2年目になり、この時期ジャンジャン成長目覚ましい。 うちのブドウはまだ実をつけるに至ってないので、ここのブドウで勉強することに。


ブドウって最初はすんごく長ーく小さな実がついてる。


上の方の実をそぎ落とし、下の方の実だけを残す(3分の1ぐらい)。 これで、甘味が集中して粒の大きなブドウになるそうな。


あっこちゃんとにこちゃんが新聞紙で袋を作り、野遊と土歩が袋掛け。


すぐに夥しい量の袋のついた実が! そもそも何で袋をかけるのか? 我に吸われないように、風でこすれ合ってキズがつかないようにするため。 もちろん、全部袋なんて必要ないし、なくっても実る。 摘果は大事やけど。


この季節には蜜蜂たちの活動の時期。 去年は入ってなかった巣箱に今年は自然に蜂が来て、ブンブンせわしなく出入りしてる。


巣箱の置かれた環境がこれまた素晴らしい。

ここは廃材天国と違って、家のすぐ裏に菜園や果樹園が展開して、その上は天然林の山という理想的な環境。

何にとって理想的な環境なのか?

すべての生き物にとって。 当然その生き物の中には人間様も含めて。

「管理が大変。」 「金にならない。」

そういう時代錯誤な価値観を引きずってると理想的どころか、お荷物的環境に写る。

今の自分の価値観がこれからの時代にフィットするのか、淘汰されつつあるのかぐらいは客観的に見極めろよ!!!

Comentários


bottom of page