外は鉄製、中は粘土のカマドの作り方②

前回の記事の続き。 県内の「こどもえん あさの実」の園舎に、鉄板製のカマドを作るという依頼。

http://kadoya.ashita-sanuki.jp/e925922.html 事前の鉄板の加工と溶接作業































これで、うちのステンレスカマドと全く同じ構造のカマドが現れた事になる。 薪生活者の所には多数訪問してきたが、 うちよりも快適な薪調理システムを作っている家にはお目にかかった事がない。

ここは家ではなく、園舎という事で、毎日の給食を作るという目的。 毎日使うには、快適なシステムじゃなきゃ続かない。 毎日使っておっくうになるような薪調理システムではダメダメ。

この堅牢な鉄板製は土むき出しのデメリットを克服した最高のカマド。

ふきこぼれてもすぐに掃除出来る。 土がボロッと崩れたりしない。 ストレートの煙突で煤掃除レス。 有圧換気扇をつければ、室内は煙らない。 無垢の鉄製の外観がクール。

このように、実質本位の極みとも言える仕様。 うちのステンレス製カマドの次にクールなカマドになった!!!