地域の秋祭りに参加すると、田舎暮らしが楽になる

地域の氏神様の八十主(やそすか)神社。 10月の第一土日が秋の大祭。


土曜日の早朝、川西獅子組のメンバーはここでお祓いを受けて、小字の川西部落の氏子の家々に獅子を奉納する。 川西部落は47軒、獅子が回るのに丸一日かかる。

あいにくの雨やったけど、獅子は家の座敷に上がっての奉納なので、雨でも大丈夫。 軽バンに道具を積み込んで手際よく運ぶ。

太鼓打ちと言う、太鼓の叩き手は小学一年生の役割。 県外に出てる大学生たちも帰ってきてくれて、獅子に加勢してくれる。 ハッキリ言って、彼ら若手が居ないと獅子というハードな動きのこの祭りの存続は難しい。 幸い川西獅子組のメンバーは多くて、祭りがとり行えてる。



中学生ぐらいになって体も大きくなって、みんなに認められると一人前。 バリバリの大学生になっても、お歴々の年寄り連中から、「昔から獅子はの、、、。」というダメ出しが入る。 こういう家族よりも大きな社会集団の中での共同行事として、この祭りの意義は超深い。 おそらく、獅子で認められる若者は学校や会社、あらゆる集団の中でみんなをまとめたり、様々なプロジェクトをこなしていく力がつくと思われる。

実際獅子はハードで、40歳をむかえた僕のような中年世代にはキツイ。 職人などの仕事なら、若いがむしゃらなパワーだけではこなせないけど、獅子は経験で50代の方が味があって、、、ということにはならない。 小学高学年から覚えて、中高生、ハタチ前後が一番。 若者を認めて、「お前たちが居らんとやっていけんわ。」という関係性。 それでいて、伝統やしきたりについては厳しく伝えられていく。








これで御神体も本殿に帰り、年に一度の大祭は終了。 ただ、酒飲んでバカ騒ぎするだけじゃなく、伝統とシキタリというめんどくさいルールに基づいて行われるのが祭り。

これはどこかの誰かという信じがたい空想上の神様に対してやってる訳ではない。 この地に住み、田畑を耕す。 そこには代々伝わる神社がある。 そして住人は天照大御神を祀る神社の氏子という事に設定してある。

これはここの住人たちが円滑に生活できるために考えられたシステムなのだ。

そしてこれに参加するのは自分が楽に生活できるためでもある。

#秋祭り