top of page

なすが大量に採れた時には「なすペースト」がオススメ

夏野菜で手巻き生春巻き大会。 手巻き寿司大会はどこの家でもやってると思うけど、これもおススメ。


ナス、キュウリ、トマトがよく採れてる。 ナスは前日の残り物料理も入れるし、新たに蒸したのも用意した。 キュウリは小さくてフレッシュなものを千切りに。 玉ねぎの梅酢漬け。 庭の鶏の茹で卵。 トマトは大玉、中玉、プチトマト。 バジルにロケット。 タレはナンプラーを水で薄めて梅酢、夏ミカンの搾り汁。


各自、好きなものを巻いて食べる。 子どもはロケットは苦味があって好きじゃないけど、大人には最高のハーブ。 大人はタレに自製豆板醤を入れたり。


ジャンジャン使ってもナスの大きなのは食べきれないので、蒸して保存食にする。


にんにくも一緒に蒸して、フードプロセッサーで潰す。 塩、粒マスタードも一緒に回してナスペースト完成。

ピザやパスタのソースとして使う。 バゲットに塗って、ワインのアテにもいい。

自給してると、こういう奇天烈なアイデアでも思いつかないと消費しきれない。 そうは言え、今は変わった料理書が多く出てるし、ネット上でも色々ある。

このナスペーストは「ババガヌーシュ」という中近東の料理。 主にピタパンに塗って食べるそう。 元のレシピは練ゴマやクミン、コリアンダーなどが入り、大人向けの味。 ウチでは子どもたちがスパイシーなのが嫌いなので、マイルドにしてる。

やはり、焼きナスやナスの浅漬けがご飯には合う。 基本的にこういう、外国の料理はご飯に合わない。 変化球としては面白いけど。

それでも、毎日ナス、キュウリ、トマト、ピーマン、オクラ、と夏野菜の「バッカリ食」には変化球もないと飽きる。 いくら美味しいものでも、繰り返すと飽きる。

「久しぶりにアレが食べたい!」のような欲求から手作りのモチベーションが湧き起こる。 食べて感動することは毎日必要。 「とりあえず、済ませとこう。」というのはダメダメ。

玄米ご飯に味噌汁という毎日食べても飽きないド真ん中ストレートと、こういう変化球を織り交ぜるバランスが重要なのだ!!!

Comentarios


bottom of page