top of page

【薪の陶芸】窯焚きのフィナーレ

昨日で、無事に窯焚き終了。


これは「引き出し」と言いい、最後の焼け具合の確認のために、窯の中から作品を取り出す。


まばゆく輝く作品が!


ピン、、ピン、、、と鳴りながら、急冷される。


あっという間に冷めてゆく。


いい感じの自然釉に焼けてる。


最後は「大くべ」と言いい、目一杯薪をくべる。


下焚きの口には耐火煉瓦を置く。


泥を塗り、密封する。


煙突からは、真っ黒な煙がもうもうと立ち上る。


窯の横の口を開ける。 ここから細い薪を差し込むように「横焚き」をする。


文字通り、横から薪をくべる。


温度計を見ながら、二人で左右の口から薪をくべる。


正面焚き口から丸太を放り込むとのは違い、こんな少しの薪でも温度は上げられる。


鉄板のフタをしておく。 これを数分毎に繰り返す。


バリバリと音を立てながら燃えさかる向こうに、作品が見える。 ユラユラと炎が幻想的! 最終的にはこの目で見た「色」で判断する。


横の焚き口からも引き出す。


最後には横焚きの口にも入るだけの薪をくべる。 煙突からの炎も大きくなる。


煙突に向かう豪火の迫力がスゴイ! 低く唸る音と眩しい光のコラボ。

最後に、この煙道にダンパー(遮断する耐火の板)を入れて、窯焚き終了。

火入れから9日間。 薪で焚いたのが、7日間。

今回は土歩の躍進が目覚しかった。 今までにも、野遊は積極的に焚いてたけど、土歩が丸々半日とか窯を焚いたのは初めて。 にこちゃんも一晩寝ずに窯番したし。

そのうち親父は監督役で、子どもたちで窯焚き出来るようになりそう!!!

Comentários


bottom of page