top of page

【手作り結婚式】妹の結婚式は仲間の力で大盛況

先月の事になるが、妹の雅が結婚した。 これで、秋山家3兄妹は全員片付いた事になる。

10歳年下でまだ若いが、 「やっと決まった~!」 と、両親も一安心。

婿の両親と兄妹、うちの両親と兄妹という、京都の綾部という田舎の神社で小規模な結婚式を挙げた。

その一週間後、また京都へ! 今度は友人関係でのお披露目パーティー。 二連続で京都まで天ぷらカーで遠征してきた。


綾部市から近い京丹波町の和知という所で、手作りのパーティー。 僕ら家族は、雅の打ったうどんを茹でるという完全にスタッフのような参加。


新郎新婦挨拶。 何と、雅の旦那は猟師! 猪や鹿を仕留めながら、林業の事も勉強中という、田舎暮らしに最適な仕事をしてる。


手伝ってくれたスタッフも入れると、150名という大所帯。


食事はビュッフェ形式。 散らし寿司はうちのお米であっこちゃんが現地で作った。


外では秋山家がうどんを茹でる。

施設の関係上、得意の薪は使えずにガスで。 ガスは弱いーーー。


網で上げて。


よーく水で締めて。


野遊と土歩が手際よく、醤油、ゴマ、スダチ、ショウガをトッピングする。


BBQのコーナーも。


中華のシェフのコーナーが熱かった。


鹿肉を低温で揚げて。


最後に鉄板で高温でジュワーッと味付け。


鹿肉の酢豚風。


雅の親友の旦那が釣りキチで、鮎の塩焼きを担当。


炭火を遠火でコントロールし、ヒレや尻尾も焦がさずじっくりと焼いてくれた。 最高の味。


新郎新婦の餅つき。 もち米は綾部の農家の無農薬のもち米。


息の合った杵さばきと、杵取り。


ジャンベ隊が盛り上げて、トランス餅つきに!


プロバイオリン奏者も駆けつけてくれ、超盛り上がった。


兄挨拶。


みんなで記念撮影。

友達が色んなアイデアや食材を持ち寄り、みんなで準備してくれた手作りのパーティー。 多くの友達が自給系田舎暮らしで、手作りに慣れてるというのもあった。

これこそが究極の贅沢だ!

美味しい素はハッキリしているのだ。 自分たちで、自分たちなり、友人の食べるものを作る。 そこには、最高の食材に純正の調味料を使って、手間を惜しむことなく作るに決まってる。

金をかけて得る贅沢にはない、本当の贅沢。 これが自給の贅沢なのだ。

妹夫婦のこれからの生活を象徴するパーティーだったと感じた。

これからより一層好きな事して金も潤沢な、悠々自適の生活を実現するのだ!!!

Comentarios


bottom of page