【廃材天国TV】オフグリッドへの道⑥「バッテリー室の基礎作り」

どうも! 廃材天国の陣です。

今回の動画は「オフグリッド」の一環ではあるんですが、実際には土木作業になります。 蓄電池を入れるための防火、防水の機能を備えたキュービクルという鉄の箱を固定するためのコンクリ基礎作りです。

Contents

  1. 1 キュービクルとは?

  2. 2 99%の人はやらない方法とは?

  3. 3 今回の動画

  4. 4 ふりかえり

キュービクルとは?

発電所から変電所を通して送られてくる6,600 Vの電気を100 Vや200 Vに降圧する受電設備を収めた金属製の箱のことです。 今回使ったものはそのような大それた設備ではありませんが、トランスなどの入れ物だったと思われます。 ミニキュービクルとでもいいましょうか。

それを扱う近所の変圧器を作っている工場から頂いたもので、子どもの遊び道具入れとして廃材天国内に置いてあったんです。

99%の人はやらない方法とは?

これはいつもの廃材利用という意味です。 今回はコンクリ基礎作りですので、「生セメント」はもちろん買います。 コンクリートを練る時に混ぜる砂やガラは廃材です。 土建屋から浄水場の底に溜まった砂をもらってあったのを使ったり。 タイルや植木鉢を割って入れたり。 こういう時に要らない不燃ゴミが減るのでラッキーとばかりに入れまくります!

今回の動画


ふりかえり

いやー、ほんとに楽しかったです〜〜!! 本来はオフグリッドシステム完成のための、いわば余分な作業とも捉える事が出来ます。 しかし、こんなに楽しいプロセスを嫌々やったのではもったいない!!

この目的に行き着くまでの手段が楽しくなってしまうのが、廃材天国の作業の常なんです。 「手段が目的化する」って、まま悪い意味で使われる言葉だと思います。 でも、家作りを始めとする全てのプロセスを自分でやって来れたのは、 どの作業も必ずやってるうちに楽しくなってくるからなんですね〜!!

ぶっつけ本番のリーフ蓄電池の作業も楽しいし、 土木作業も楽しい、 やはり自分の家の作業は何やっても楽しいもんです〜〜!!