【レシプロカルフレーム】鶏小屋の屋根が出来て大枠が見えてきた

鶏小屋作りから柵作りにソレタが、また最近毎日鶏小屋の作業に向かってる。

柵作りと、それ以前の鶏小屋作り http://kadoya.ashita-sanuki.jp/e851451.html


上に乗るとグワグワとしなる状態だったので。 この屋根には廃ビニールで防水して、久々に土の屋根にしたいから強度が求められる。 筋交いを8本入れると頑丈になった。











この廃材は畳屋にいくと、「もっと積もうか!」と積極的に頂ける。 畳屋の親父の一つでもたくさん持って帰って欲しいオーラが凄い。



塩化ビニールのとポリエチレンのがあるが、大半は塩化ビニール。 かつて環境活動をやってた時には、燃やすとダイオキシン、そのままでの環境ホルモンが出ると騒いだもの。 しかし、うちの廃材セルフビルドの屋根の防水は全てこの廃ビニールに頼ってる。

比べると塩化ビニールの方がポリエチレンよりも弾力性が強く、引っ張り強度もある。 耐久性に関しては不明だが、うちでの使い方はビニールの上を更に廃材で覆って直射日光を当てないので、しばらくはいける。

母屋の大家根は廃瓦だし、今回の鶏小屋は土で覆う。 廃材セルフビルドにおけるこの方式は完全にノウハウ化した。 しかも、そこにある廃材であらゆるケースに対応出来る。 一番のネックはビニールを覆う屋根材。 今回の土というのは一番いいが、下地を強固にしておくのが前提になる。



余計だが、クリストの作品群 https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88&hl=ja&biw=1280&bih=598&site=webhp&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=YlpmVeJGzIXyBYzVgcAC&ved=0CCgQsAQ



さあ、これから楽しみなのは壁面。 壁面は全て雑木を組み合わせて、ランダムな格子にして、最後は金網で巻く。

この週末は三豊市の「アートでたんぼ」に出店なので、また来週からの仕事にしよう。

アートでたんぼ http://tanbo.exblog.jp/

今年は70㌔級の猪を頂くという企画もあって楽しみ。 うちは毎年移動式ピザ窯での出店。

#レシプロカルフレーム

最新記事

すべて表示

どうも! 廃材天国の陣です。 数ヶ月ぶりのブログ記事になります! 最近では週一ペースでyou tubeへの動画をアップする事と、 メルマガ読者さんにメールを出す事がメインになっています。 最近では(株)High tenとしての建築リフォーム業の仕事にもたくさんの依頼が入り、 嬉しい悲鳴といった状態です!! 年内の現場スケジュールは既に一杯でして、 来春以降の計画もいくつか打ち合わせ中という状況で

どうも! 廃材天国の陣です。 先日お知らせしました「廃材天国オンライン見学会」ですが、 早々に定員に達してしまいました! 「申し込もうと思ってたけど、もう一杯か〜!」 と思われた方でも、一応キャンセル待ちにさせて頂きますので、 引き続きお申し込み下さいねー!! 更に希望者があるようでしたが、第2回目の開催も考えます!! 申し込みフォーム https://1lejend.com/stepm