top of page

【バイオトイレ】あうんユニット、タンク埋設の工程

「あ・うんユニット」を導入したトイレの水洗化も大詰め。


「あ・うんユニット」の心臓部となるタンクの設置。


レベルを出しながら慎重に設置する。


こんな感じ。


まず、半分ぐらいまで水を入れる。 これはタンクの周りに土を入れて埋め戻す際に、タンクを安定させるため。


埋め戻す土にはわざとガラを混ぜる。


コンクリガラや焼き物の破片、瓦の割れたのやレンガの屑など。 こういうものを混ぜる事で、しっかりと締まる。 それに嬉しい事に、そういった要らないガラ類が減るという効果も見逃せない。


ジャンジャン入れる。 ドサドサと放り込むのが気持ちいい。


このぐらいで一旦止めて。


いよいよ、配管のつなぎ込み。 ブルーシートの真ん中のが、水洗トイレから来てるVU100の塩ビ管。


こんな感じでシュミレーションしながら。


塩ビ管を切る。


繫ぎ込み後、塩ビ管の裏にシッカリと土を詰めて動かないようにする。


次はエアーの配管。


ホールソーで穴を開けて。


こんな感じ。


ポンプの設置も同時進行させる。


エアーとポンプ設置完了。


電源やタイマーの入った電気ボックスの設置。


エアーポンプは一台で両方のタンクに供給させるので分岐させてある。


繋ぎ込んだ。


既存の電線を切断して、電気ボックスまで延長させる。


手間が風呂や洗濯機がある既存のスペースから、奥が新たに延長する部分。


しっかりと圧着と絶縁を行って、延長完了。


エアーポンプ作動! しばらくはこのままで、空気中の菌を取り込む。


最後の埋め戻し作業。


中々長続きしないにこちゃんも、1時間ぐらい付き合ってくれた。


どんどん放り込む。


埋め戻し完了。


蓋に穴を開けて、呼吸出来るようにする。

さあ、完成目前まで来たぞーーー! 後は便器の設置と、菌の投入を残すのみとなった。

トイレの便座やトイレットペーパーホルダーなどを考えるのが楽しい。

やってみれば、何て事はない作業。 配管の事で分からない事があれば、配管に詳しいマサに聞いたり。 「あ・うんユニット」の事での不明点は、もちろん事務局の方が丁寧に答えてくれる。

とにかく、新たな事に取り組むプロセスにワクワクする。 よく分からない事があっても、一つづつ解決してゆけば先は見えてくる。

完成が見えてなくってもいい。 上手く出来そうな自信がなくていい。

目の前の最初のプロセスを踏むと、必ず次が見えてくるから。

今回は割と小さい規模の工事だが、家を一から建てるのだって同じ。 そういう小さなプロセスの繰り返しなのだ。

そして、やった事ない事が出来た時、 見えてなかった事が見えて来た時。 分からなかった事が分かった時、 その達成感はヒトシオなのだ。

分かってる事をなぞるだけの作業程飽き飽きする事はないぞ。

出来そうにない不安と、やりたいという好奇心。 この二つの天秤だ。

好奇心が勝れば、「よし!」と、行動出来る。 不安が勝れば、「失敗したらどうしよう!」となり、二の足を踏む。

長年新たな事をやりまくって、失敗もたくさんした僕の経験からのプレゼント。

「さっさと、何回か失敗してみろ!」

「実際に何度か失敗して、また再挑戦して何とかなった。」 と、いうような経験を数回繰り返せば、 「失敗したらどうしよう!」 とマゴつかなくなるぞ。

失敗上等!!

そんな事より、次はどんな作業をするんだ!? という好奇心の方が確実に楽しいに決まっている。

世の中に絶対はないというが、 ワクワクする好奇心の方が楽しいのは絶対だ!!!

Comentários


bottom of page