【カマド】業務用ガスレンジを改造したステンレスカマド

いよいよ、温かくなってきた。 朝、起きての室温が18℃とか。

もう、薪ストーブでの料理は暑くなり過ぎて、大変。 チョロチョロ焚く分には、焚けなくもないが、 出汁やお茶を沸かそうとすると、それなりにしっかりと焚かないといけない。




陶芸の窯 ピザ窯 五右衛門風呂の窯部分

これらは全部同じ粘土から成る。

元々の本業であった陶芸の茶碗や皿もこの粘土から出来ている。







どちらの煙突もストレートで屋根を抜いている。 これが煤が溜まらずに、強烈な引きを産む秘訣。

カマドのフードの曲がったダクトは換気扇用。



一番左の部分でしか薪を焚いていない。 左が強火、 その右上が弱火、 更にその右は保温調理。







と、 超使いやすくって、快適な自作ステンレスカマド。

快適じゃない設備で、毎日三食の薪調理は長続きしない。

子どもたちも全員使いこなしてるし。 というか、ここの燃料の廃材を仕分けするのも子どもたちの仕事。 大工さんが持ってきてくれて、ドサッとトラックから降ろしてくれる度に、大きさごとにコンテナに分類してくれる。

薪調理を実践する先輩家族の家に行った時の事。

当時16歳と18歳の娘さんが、朝早くから薪でご飯を焚いたりお汁を作ったりしてくれた。 その家では、昔からのカマドが土間にあった。 居間には時計型のストーブの周りにテーブルを作って快適な調理システムを作っていた。

それまでは、上の写真のステンレスカマドは当初のガス仕様で料理していた。 その旅から帰って、すぐさま薪で料理出来る仕様に取り掛かった。

完成するまでの一ヶ月ぐらいは、外で七輪や簡易カマドで薪調理でやってたのが懐かしい。 そのプロセスも楽しかったもの。 当然、今のステンレスカマド作り自体も、 「あーでもない、こーでもない。」 と、色々と考えて創意工夫するのが面白い。

作ってる過程も楽しくって、出来た後も快適というのが、セルフビルドなり自作の特徴。

自分好みに作る!

これが、自給自足の醍醐味だ。

そして、ご飯も自分好みの味のを作れる。 毎日の生活での手作りの美味しいご飯程大事なもんはないからね~!

それでしか、「自分好みの人生」は送れないぞ!!!