top of page

【アートイベント】アートでたんぼ16th

日本一のため池の数をほこる香川。 その中でも一番大きなのは、有名な満濃池。

二番目は岩瀬池。 その湖畔で毎年行われるイベントがある。 今年で16年目の「アートでたんぼ」だ。

ここの主催者の河野さんに、16年前に土地を借りた。 三豊市高瀬町上麻の地を。 そう。 ここで、廃材生活をスタートさせた。

まさに、このイベントと廃材天国とが同じタイミングで始まったのだ。


のどかな田園風景の中でのイベント。


たんぼにそびえ立つ作品。


こういうインスタレーションも。


この合成樹脂の作品と田んぼの対比が面白い。


この遊具のような作品の完成度は高かった。


名物のどろんこ遊びも毎年楽しみ。


どろんこの後は風呂のお湯で泥を落とす。 やっぱりうちの子が焚いてる。

これは「長府 薪ボイラー」というスグレモノ。 直接下から焚く五右衛門風呂じゃなくても、外付けの窯で焚いた熱を循環させて沸かす。 実家にもつけてるが、実際には五右衛門風呂よりも、少ない量の薪で沸かす事が出来る。


うちは移動式のピザ窯での出店。 最近は、出店は減らしてる。 仕事モードにならずに、遊びの範囲で楽しめるようにしてる。


陶芸の作品も展示。 結構焼き物好きの人もいて、ちょこちょこ売れる。


音楽のボリュームも多く、フリージャズ、ロック、弾き語り、コーラス、即興、、、。 グランドピアノを田んぼに持ち込むイベントは中々ない。


県内外で活躍する、島津田四郎くん。


イベントのトリは黒子焦のファイヤー。


今年はダンサーとのコラボもあった。


次々と火を吹いて、竹のインスタレーションを燃やしまくる。

という、盛りだくさんな内容の二日間だった。

この16年目のイベントと同じくして、始めた廃材生活。

まずは河野さんにユンボを借りて、斜面を掘り焼き締めの陶芸のための窯を作った。 その窯で燃やす燃料に廃材を集めまくった。 この頃は解体現場に通って、自分で集めてた。

産廃と呼ばれる、解体材で工房と住居を建てた。 ぶっつけ本番で、全くプロに頼まずに自分で。

大家さんが河野さんというのも強力だったが、たくさんの地域のベテランの先輩方に教えてもらった。 「そんなもん買わんでもええ。」 「これで十分。」 「あそこに行って取ってきたらええが。」 という、ゲリラ的なやり方での、家の作り方から廃材集めまで、ここで徹底的に基礎が出来た。

今では、家の材料や薪にする解体材のみならず、家具、家電、全てタダで手に入れる磐石のネットワークを形成出来てる。 やればやる程疲弊する、現代ワークの間逆だぞ。

やればやる程、更に楽になる。

もちろん、向き不向きがあるからね~。 万人にこんな生活を押し付けようとは毛頭思わない。

月給の金で、医食住、エネルギーを賄うという以外のライフスタイルもあるって事。

この廃材生活のきっかけになった、河野さんと、このイベントには感謝しつつ。 更に、この廃材天国を快適な場にしてゆくのだ!!!

Comentários


bottom of page