top of page

【しめ縄作り】ワラの掃除から、締める工程まで

年の瀬恒例のしめ縄作り。 年に一度しかしないので、毎年親父の指導の元、「そうやったっけ。」と言いながらみんなでやってる。


まずはストックしてあるワラの裾をカットする。


それを粗い千歯こぎでこぐ。


しばらく水に浸しておいて、叩く。


更にキレイに掃除する。


しめ縄一つ分の太さにして、元を針金で縛る。


子どもたちに持ってもらいながら捻ってなう。


とにかく根元をしっかり捻る。 こうすることで、形が崩れない美しいしめ縄になる。


針金を隠すために細い縄をなって巻きつける。


最後に七、五、三の下がりをつけて完成。

子どもたちが積極的に覚えようとしてやってくれるので頼もしい。

田んぼでお米を作り、ワラで新年を迎えるためのお飾りを作る。 毎年、毎年、同じサイクル。 お米を作る事にまつわる年中行事は数多い。

この日本の風土に根付いた精神文化は美しい。

そして、それが子どもたちに受け継がれてゆく。

Comments


bottom of page